古事記の原文『木梨之軽王と軽大郎女』

『木梨之軽王と軽大郎女』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

允恭が亡くなり、皇太子のキナシが即位する前、キナシは母が同じ実の妹のカルと不倫をする。役人も国民もキナシから離れて、のちの安康天皇を支持する。キナシは大前小前の家に逃げ込む。安康は大前小前の家を兵士で取り囲む。大前小前は仲介に出る。

安万侶

安万侶

また禁断の恋愛 ・ ・ ・ 悲しい結末の予感しかないです ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

そうだな ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

ただ、たとえどうなっても結ばれようという、キナシの強い決意が歌に込められていて、そこが見所だな。

原文&読み下し文

木梨之軽王と軽大郎女

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

天皇崩之後、定木梨之軽太子所知日継、未即位之間、奸其伊呂妹軽大郎女而歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

天皇 かむあが りましし のち 、木梨の軽太子、日継知らしめすに定まれるを、未だ位に きたまはざりし間に、その 同母妹 いろも 軽大郎女に たは けて歌ひたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

阿志比紀能 夜麻陀袁豆久理
夜麻陀加美 斯多備袁和志勢
志多杼比爾 和賀登布伊毛袁
斯多那岐爾 和賀那久都麻袁
許在許曽婆 夜須久波陀布礼

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

あしひきの 山田を作り
たか 下樋 したび わし
下娉 したど いも
下泣 したな が泣く妻を
昨夜 こぞ こそは やす はだ
とうたひたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

此者志良宜歌也。又歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

こは 志良宜 しらげ なり。また歌ひたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

佐佐婆爾 宇都夜阿良礼能
多志陀志爾 韋泥弖牟能知波
比登波加由登母
宇流波斯登 佐泥斯佐泥弖婆
加理許母能 美陀礼婆美陀礼
佐泥斯佐泥弖婆

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

笹葉 ささば に 打つや あられ
たしだしに 率寝 ゐね てむ のち
人は ゆとも
うるは しと さ寝しさ寝てば
刈薦 かりこも 乱れば乱れ
さ寝しさ寝てば
とうたひたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

此者夷振之上歌也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

是以百官及天下人等、背軽太子而、帰穴穂御子。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここをもちて 百官 もものつかさ また天の下の 人等 ひとども 、軽太子に背きて、穴穂御子に りき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾軽太子畏而、逃入大前小前宿祢大臣之家、備作兵器。(爾時所作矢者、銅其箭之内。故号其矢謂軽箭也。)

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに軽太子畏みて、 大前小前 おほまへをまへの 宿祢の 大臣 おほおみ の家に逃げ入りて、 兵器 つはもの を備へ作りたまひき。(その時に作りたまひし矢は、その箭の内を銅にせり。故、その矢を号けて軽箭と謂ふ。)

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

穴穂御子亦作兵器。(此王子所作矢者、即今時之矢者也。是謂穴穂箭也。)

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

穴穂御子もまた、 兵器 つはもの を作りたまひき。(この王子の作りたまひし矢は、すなはち今時の矢なり。これを穴穂箭と謂ふ。)

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是穴穂御子、興軍囲大前小前宿祢之家。爾到其門時、零大氷雨。故、歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに穴穂御子、 いくさ を興して大前小前宿祢の家を かく みたまひき。ここにその かど に到りましし時、 いた 氷雨 ひさめ りき。故、歌ひたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

意富麻幣 袁麻幣須久泥賀
加那斗加宜 加久余理許泥
阿米多知夜米牟

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

大前 おほまえ 小前宿祢 をまへすくね
金門蔭 かなとかげ かく寄り
雨立ち止めむ
とうたひたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾其大前小前宿祢、挙手打膝、舞訶那伝、歌参来。其歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここにその大前小前宿祢、手を挙げ膝を打ち、 ひかなで歌ひ 参来 まゐき つ。その歌に ひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

美夜比登能 阿由比能古須受
淤知爾岐登 美夜比登登余牟
佐斗毘登母由米

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

宮人 みやひと 脚結 あゆひ 子鈴 こすず
落ちにきと 宮人 みやひと とよむ
里人 さとびと もゆめ
といひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

此歌者、宮人振也。如此歌参帰白之、我天皇之御子、於伊呂兄王、無及兵。若及兵者、必人咲。僕捕以貢進。爾解兵退坐。故、大前小前宿祢、捕其軽太子、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

この歌は 宮人振 みやひとぶり なり。かく歌ひ 参帰 まゐき て白しけらく、「我が 天皇 おほきみ の御子、 同母兄 いろせ みこ いくさ をな りたまひそ。もし兵を りたまはば、必ず人 わら はむ。 あれ 捕へて 貢進 たてまつ らむ」とまをしき。ここに いくさ きて 退 きましき。故、大前小前宿祢、その軽太子を捕へて、

木梨之軽王と軽大郎女

用語解説

天武天皇

天武天皇

天皇の位の継承者と決まってってこと。

安万侶

安万侶

たはけてって??

天武天皇

天武天皇

不倫してってこと。

天武天皇

天武天皇

サホビメとサホビコもそうだったが、同父同母の男女の恋愛はタブーだからな。

安万侶

安万侶

あしひきのって??

天武天皇

天武天皇

「山」とかにかかる枕詞だが、意味はよくわからないな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

地中に埋めた水道管のこと。

安万侶

安万侶

わしって??

天武天皇

天武天皇

走らせるってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

人目を忍んで通うってこと。

天武天皇

天武天皇

私が言い寄っている愛しい人のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

忍び泣きのこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

昨日の夜のことかな。

安万侶

安万侶

やすって??

天武天皇

天武天皇

心安らかにとか、簡単にってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

歌曲の名前で、末尾を上げて歌う歌のこと。

安万侶

安万侶

たしだしにって??

天武天皇

天武天皇

あられが笹の葉を打つタシダシっていう音から、確かにって意味の「確々たしだしに」に繋げているんだ。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

人の心が離れても仕方ないとか、愛する人と離れ離れになっても構わないってこと。

安万侶

安万侶

さ寝しさ寝てばって??

天武天皇

天武天皇

寝てしまったならばってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

刈り取ったマコモっていう草のことで、「乱れ」にかかる枕詞。

天武天皇

天武天皇

歌曲の名前で、上歌は調子を上げて歌う歌のこと。

安万侶

安万侶

今時の矢は??

天武天皇

天武天皇

鉄の矢尻を付けた矢のこと。

天武天皇

天武天皇

銅の矢尻よりも威力が強いんだ。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

金具で補強した門の陰のこと。

安万侶

安万侶

雨立ち止めむって??

天武天皇

天武天皇

立ちながら雨をやませようってことだから、一緒に雨宿りをしようってとこかな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

舞い踊ってってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

宮中の人のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

動きやすいように袴の膝とか足首で結んだ紐のこと。

天武天皇

天武天皇

鈴とかを飾りに付けたりしたんだ。

安万侶

安万侶

とよむって??

天武天皇

天武天皇

騒ぐってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

民間の人は決して騒ぐなってこと。

天武天皇

天武天皇

歌曲の名前で、最初の句の「宮人の」にちなんだ名前だな。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化しました!!

サイトで読んでくださった方も楽しんでいただけるように、さらに愛を詰め込みました!!日本神話だけでかなり分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

Amebaマンガは古事記関連の漫画が充実!また、U-NEXTからはラノベ古事記の購入が可能です。無料のおまけの方が豪華なので、よければご利用ください!

人気の記事


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!