古事記の原文『ハニヤスビコの反逆』

『ハニヤスビコの反逆』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

崇神天皇は、将軍を全国に派遣する。将軍の一人オオビコは道中、少女の歌う予言めいた歌を聞く。オオビコはタケハニヤスビコの反逆の前兆と考え、天皇に報告する。天皇の命を受け、オオビコたちはタケハニヤスビコ軍を破る。

安万侶

安万侶

歌でピンチに気づくって、不思議な話ですね。

天武天皇

天武天皇

神託みたいなものだから、少女は神の使いか、神そのものかもな。

原文&読み下し文

崇神天皇

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

又此之御世、大毘古命者、遣高志道、其子建沼河別命者、遣東方十二道而、令和平其麻都漏波奴人等。又日子坐王者、遣丹波国、令殺玖賀耳之御笠。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

またこの御世に、大毘古命をば 高志道 こしのみち に遣はし、その子 建沼河別 たけぬなかはわけの 命をば、 ひむがし かた 十二道 とをまりふたみち に遣はして、その まつろ はぬ 人等 ひとども 和平 やは さしめたまひき。また日子坐王をば、 丹波 たにはの に遣はして、 玖賀耳之御笠 くがみみのみかさ を殺さしめたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、大毘古命、罷往於高志国之時、服腰裳少女、立山代之幣羅坂而歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、大毘古命、高志国に まか り往きし時、 腰裳 こしも たる 少女 をとめ 山代 やましろ 幣羅 へら に立ちて歌ひけらく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

美麻紀伊理毘古波夜 美麻紀伊理毘古波夜
意能賀袁袁 奴須美斯勢牟登

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

御真木入日子 みまきいりびこ はや 御真木入日子はや
おの ぬす せむ

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

斯理都斗用 伊由岐多賀比
麻幣都斗用 伊由岐多賀比

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

しり よ い行き たが
前つ戸よ い行き違ひ

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

宇迦迦波久 斯良爾登 美麻紀伊理毘古波夜

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

うかが はく 知らにと 御真木入日子はや
とうたひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是大毘古命、思怪返馬、問其少女曰、汝所謂之言、何言。爾少女答曰、吾勿言。唯為詠歌耳、即不見其所如而忽失。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに大毘古命、 あや しと思ひて馬を返して、その 少女 をとめ に問ひて曰ひしく、「 ひし こと は何の こと ぞ」といひき。ここに少女答へて曰ひしく、「 ものい はず。ただ歌を みつるにこそ」といひて、すなはちその 所如 ゆくへ も見えず忽ち失せにき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、大毘古命、更還参上、請於天皇時、天皇答詔之、此者為、在山代国我之庶兄建波迩安王、起邪心之表耳。伯父、軍興宜行、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、大毘古命、更に還り 参上 まゐのぼ りて、天皇に まを す時、天皇答へて詔りたまひしく、「こは おも ふに、山代国に在る我が 庶兄 まませ 建波迩安 たけはにやすの 王、 きたな き心を起こせし しるし にこそあらめ。 伯父 おぢ いくさ おこ して行でますべし」とのりたまひて、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

即副丸迩臣之祖、日子国夫玖命而遣時、即於丸迩坂居忌瓮而罷往。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

すなはち 丸迩 わにの 臣の おや 日子国夫玖 ひこくにぶくの 命を副へて遣はしし時、すなはち 丸迩 わに 忌瓮 いはひべ ゑて まか り往きき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是到山代之和訶羅河時、其建波迩安王、興軍待遮、各中挟河而、対立相挑。故、号其地謂伊杼美。(今謂伊豆美也。)

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに山代の 和訶羅 わから に到りし時、その建波迩安王、 いくさ を興して待ち さへぎ り、各河を中に はさ みて、 むか ひ立ちて 相挑 あひいど みき。故、 其地 そこ なづ けて 伊杼美 いどみ と謂ふ。(今は伊豆美と謂ふなり。)

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾日子国夫玖命、乞云、其廂人、先忌矢可弾。爾其建波迩安王、雖射不得中。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに日子国夫玖命、乞ひて云ひしく、「 其廂 そなた の人、まづ 忌矢 いはひや はな つべし」といひき。ここにその建波迩安王、射つれども 得中 えあ てざりき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是国夫玖命弾矢者、即射建波迩安王而死。故、其軍悉破而逃散。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに国夫玖命の はな てる矢は、すなはち建波迩安王を て死にき。故、その いくさ 悉に破れて逃げ あら けぬ。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾追迫其逃軍、到久須婆之度時、皆被迫窘而、屎出懸於褌。故、号其地謂屎褌。(今者謂久須婆。)

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここにその逃ぐる軍を追い めて、 久須婆 くすば わたり に到りし時、皆迫め たしな めらえて くそ 出でて はかま かか りき。故、 其地 そこ なづ けて 屎褌 くそばかま と謂ふ。(今は久須婆と謂ふ。)

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

又遮其逃軍以斬者、如鵜浮於河。故、号其河謂鵜河也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

またその逃ぐる軍を遮りて斬れば、鵜の如く河に浮きき。故、その河を号けて鵜河と謂ふなり。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

亦斬波布理其軍士。故、号其地謂波布理曽能。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

またその 軍士 いくさびと を斬りはふりき。故、其地を号けて 波布理曽能 はふりその と謂ふ。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

如此平訖、参上覆奏。故、大毘古命者、随先命而、罷行高志国。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

かく ことむ へて、 参上 まゐのぼ りて 覆奏 かへりごとまを しき。故、大毘古命は、 さき みこと まにま に、高志国に罷り行きき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾東方所遣建沼河別与其父大毘古共、往遇于相津。故、其地謂相津也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに東の方より遣はさえし建沼河別と、その父大毘古と共に、 相津 あひづ に往き遇ひき。故、 其地 そこ を相津と謂ふなり。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

是以各和平遣之国政而覆奏。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここをもちて各遣はさえし国の まつりごと 和平 やは して覆奏しき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾天下太平、人民富栄。於是初令貢男弓端之調、女手末之調。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに天の下 いた く平らぎ、 人民 たみ 富み栄えき。ここに初めて をとこ 弓端 ゆはづ 調 みつぎ をみな 手末 たなすゑ 調 みつぎ を貢らしめたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、称其御世、謂所知初国之御真木天皇也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

又是之御世、作依網池、亦作軽之酒折池也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

天皇御歳、一珀六十八歳。(戊寅年十二月崩。)御陵在山辺道勾之岡上也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

天皇の 御歳 みとし 一百六十八歳 ももあまりむそぢまりやとせ 。(戊寅の年の十二月に崩りましき。)御陵は 山辺 やまのべ の道の まがり の岡の上にあり。

崇神天皇

用語解説

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

こしの国は現在の福井県から新潟県あたりだから、北陸への道のことだな。

天武天皇

天武天皇

大和からみた東の十二国への道だから、伊勢いせ(三重)・尾張おわり(愛知)・三河みかわ(愛知)・遠江とおとうみ(静岡)・駿河するが(静岡)・甲斐かい(山梨)・伊豆いず(静岡)・相模さがみ(神奈川)・武蔵むさし(東京・神奈川・埼玉)・ふさ(千葉・茨城)・常陸ひたち(茨城)・陸奥みちのく(福島・宮城・岩手・秋田・青森)のこと。

天武天皇

天武天皇

ちょっと東北までオーバーしているが、東海道といってもいいな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

服従しないってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

現在の京都府北部から兵庫県北部あたりにあった国のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

裳はスカートみたいな女性用の衣服だから、それを腰に付ける形のものかな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

現在の京都府木津川市市坂幣羅坂あたりのこと。

天武天皇

天武天皇

幣羅坂神社があって、天津少女命を祀っているんだ。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

自分の命のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

こっそり殺そうってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

後ろの戸口、裏口のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

狙っていること。

安万侶

安万侶

知らにって??

天武天皇

天武天皇

知らないでってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

前兆のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

現在の奈良県天理市和爾町、和爾坐赤阪比古神社わににますあかさかひこじんじゃの近くに伝承地があるな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

神に供える酒を入れる瓶のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

木津川のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

神聖な矢のこと。

天武天皇

天武天皇

戦いの始めに、良いことがあるようにと神に祈って、両軍が射合うんだ。

天武天皇

天武天皇

現在の大阪府枚方市楠葉あたりにあった、淀川の渡し場のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

苦しめられてってこと。

天武天皇

天武天皇

現在の京都府相楽郡精華町祝園出森あたりのこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

現在の福島県の会津地方のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

政治のこと。

天武天皇

天武天皇

獣の皮とか角とか、男が弓で狩りをして得たものを献上すること。

天武天皇

天武天皇

絹とか糸とか、女が手先で作ったものを献上すること。

天武天皇

天武天皇

諸国から税として物を納めさせたわけだ。

天武天皇

天武天皇

初めて建てた国をお治めになった天皇ってこと。

安万侶

安万侶

えっ、建国は神武天皇がなさったことでしたよね?

天武天皇

天武天皇

まーな。

天武天皇

天武天皇

だからここは、大和内部を固め、北陸や東海、丹波にまで勢力を拡大し、税を設けてと、初めて国家の体制を整えたって意味じゃないかな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

現在の大阪市住吉区庭井の大依羅神社おおよさみじんじゃあたりにあった池のこと。

天武天皇

天武天皇

はっきりしないんだが、現在の奈良県橿原市大軽町あたりにあったのかもな。

天武天皇

天武天皇

奈良県天理市の行燈山あんどんやま古墳に治定されているな。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!