古事記の原文『エウカシとオトウカシ』

『エウカシとオトウカシ』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

ヤタガラスの案内でイワレビコは吉野川の下流に着く。イワレビコは行く先々で仲間を増やしていく。宇陀のエウカシ・オトウカシという兄弟のうち、オトウカシはイワレビコに仕えたが、エウカシは反抗し、罠にはめようする。オトウカシはイワレビコに、兄の仕掛けた罠について教える。

安万侶

安万侶

熊野から吉野までって、深い山の中をちゃんと案内してくれたんですね!

天武天皇

天武天皇

それだけじゃないぞ。もっと敵対する相手と出くわしそうなものなのに、仲間になる勢力のほうが多かったんだからな。

天武天皇

天武天皇

これもヤタガラスの、ひいては天つ神の加護と考えられるんじゃないかな。

原文&読み下し文

エウカシとオトウカシ

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故随其教覚、従其八咫烏之後幸行者、到吉野河之河尻時、作筌有魚取人。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、その教へ覚しの まにま に、その八咫烏の あと より 幸行 でませば、 吉野 よしの 河の河尻に到りましし時、 うへ せて うを を取る人ありき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾天神御子、問汝者誰也、答曰僕者国神、名謂贄持之子。(此者阿陀之鵜養之祖。)

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに天つ神の御子、「 は誰ぞ」と問ひたまへば、「 は国つ神、名は 贄持 にへもつ と謂ふ」と答へ まを しき。(こは阿陀の鵜養の祖。)

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

従其地幸行者、生尾人、自井出来。其井有光。爾問汝者誰也、答曰僕者国神、名謂井氷鹿。(此者吉野首等祖也。)

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

其地 そこ より 幸行 でませば、 る人、 より出で来たりき。その井に光ありき。ここに「汝は誰ぞ」と問ひたまへば、 は国つ神、名は 井氷鹿 いひか と謂ふ」と答へ曰しき。(こは吉野首等の祖なり。)

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

即入其山之、亦遇生尾人。此人押分巌而出来。爾問汝者誰也、答曰僕者国神、名謂石押分之子。今聞天神御子幸行。故、参向耳。(此者吉野国巣之祖。)

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

すなはちその山に入りたまへば、また尾 る人に遇ひたまひき。この人 いはほ を押し分けて出で来たりき。ここに「汝は誰ぞ」と問ひたまへば、「僕は国つ神、名は 石押分 いはおしわく と謂ふ。今、天つ神の御子 幸行 でましつと聞けり。故、 参向 まゐむか へつるにこそ」と答へ曰しき。(こは吉野の国巣の祖。)

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

自其地踏穿越幸宇陀。故、曰宇陀之穿也。故爾於宇陀有兄宇迦斯、弟宇迦斯二人。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

其地より踏み 穿 うか ち越えて、 宇陀 うだ に幸でましき。故、宇陀の 穿 うかち ふ。 かれ ここに 宇陀 うだ 兄宇迦斯 えうかし 弟宇迦斯 おとうかし の二人ありき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、先遣八咫烏問二人曰、今天神御子幸行。汝等仕奉乎。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、まづ八咫烏を つか はして、二人に問ひて曰ひしく、「今、天つ神の御子 でましつ。 汝等 なれども 仕へ奉らむや」といひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是兄宇迦斯、以鳴鏑待射返其使。故、其鳴鏑所落之地、謂訶夫羅前也。将待撃云而聚軍。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに兄宇迦斯、 鳴鏑 なりかぶら をもちてその使を待ち 射返 いかへ しき。故、その鳴鏑の落ちし ところ を、 訶夫羅前 かぶらざき と謂ふ。待ち撃たむと云ひて いくさ あつ めき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

然不得聚軍者、欺陽仕奉而、作大殿、於其殿内作押機待時、弟宇迦斯先参向、拝曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

然れども軍を 得聚 えあつ めざりしかば、仕へ奉らむと 欺陽 いつは りて、 大殿 おほとの を作り、その殿の内に 押機 おし を作りて待ちし時に、弟宇迦斯、まづ 参向 まゐむか へて、 をろが みて まを しけらく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

僕兄兄宇迦斯、射返天神御子之使、将為待攻而聚軍、不得聚者、作殿其内張押機将待取。故、参向顕白。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

が兄、兄宇迦斯、天つ神の御子の使を射返し、待ち攻めむとして軍を聚むれども、 得聚 えあつ めざりしかば、殿を作り、その内に 押機 おし を張りて待ち取らむとす。故、 参向 まゐむか へて あら はし まを しつ」とまをしき。

用語解説

安万侶

安万侶

河尻は??

天武天皇

天武天皇

河口あるいは川の下流のこと。

安万侶

安万侶

紀伊山地を越えてきたのに、吉野川の下流に出たの?山の中に河口ってどういうこと?

天武天皇

天武天皇

ああ、それね。川は流れている場所で名前が変わってな、紀伊の国を流れる紀の川の上流は、大和の国では吉野川と呼ばれていたんだ。

天武天皇

天武天皇

だから吉野川の始まりは、大和の国の端っこのほうってわけよ。

安万侶

安万侶

うへは??

天武天皇

天武天皇

竹を編んで筒形にした、魚を取る道具のこと。

天武天皇

天武天皇

神や朝廷にささげ物をする人のこと。

安万侶

安万侶

井に光ありきって??

天武天皇

天武天皇

井戸の中に水銀などの鉱物があって、それが光ったんだろうな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

井戸の光っていう意味の名前だな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

大きな岩石のこと。

天武天皇

天武天皇

石と石を間から押しのける人のこと。

天武天皇

天武天皇

ほら穴に住んでいる人のことだろうな。

安万侶

安万侶

宇陀の穿うかちはどこのこと??

天武天皇

天武天皇

奈良県宇陀市菟田野宇賀志あたりかな。

天武天皇

天武天皇

伝承地がどこなのかわからないんだ。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

宮殿とか屋敷のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

踏むと挟まれて圧死する装置のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

頭を下げてってこと。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!