古事記の原文『大長谷王子』

『大長谷王子』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

当時まだ少年のオオハツセは、安康暗殺を聞いて怒る。オオハツセは兄のクロヒコに相談するが、クロヒコは驚かず緊張感もない。怒ったオオハツセはクロヒコを殺す。シロヒコにも相談するが、シロヒコはクロヒコ同様の反応をする。オオハツセはシロヒコを殺す。

安万侶

安万侶

えっ、兄でもある天皇を殺されて怒るのはわかりますけど、だからって仇討ちに乗り気じゃない他の兄を殺したんですか!?

天武天皇

天武天皇

否定的にとらえてもいいし、肯定的に考えることもできるから、自分なりに解釈してみたらいいぞ。

天武天皇

天武天皇

この気性の激しさは、ヤマトタケルに通じるものもあるしな。

原文&読み下し文

大長谷王子

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾大長谷王子、当時童男。即聞此事以慷愾忿怒、乃到其兄黒日子王之許曰、人取天皇。為那何。然其黒日子王、不驚而有怠緩之心。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに大長谷王子、 当時 そのかみ 童男 をぐな なりき。すなはちこの事を聞きたまひて、 慷愾 うれた 忿怒 いか りて、すなはちその いろせ 黒日子王の もと に到りて まを したまひけらく、「人天皇を取りつ。 那何 いかに かせまし」とまをしたまひき。然るにその黒日子王、驚かずて 怠緩 おほろか の心ありき

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是大長谷王詈其兄言、一為天皇、一為兄弟、何無恃心、聞殺其兄、不驚而怠乎、即握其衿控出、抜刀打殺。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに大長谷王、その兄を りて言ひけらく、「一つには天皇にまし、一つには 兄弟 はらから にますを、 なに たの む心も無くて、その いろせ を殺せしことを聞きて、驚かずて おほろか なる」といひて、すなはちその ころものくび りて き出して、 たち を抜きて打ち殺したまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

亦到其兄白日子王而、告状如前、緩而如黒日子王。即握其衿以引率来、到小治田、掘穴而随立埋者、至埋腰時、両目走抜而死。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

またその兄白日子王に到りて、 ありさま を告ぐること さき の如くなりしに、 おほろか なることもまた、黒日子王の如くなりき。すなはちその衿を りて引き て来て、 小治田 をはりだ に到りて、穴を掘りて立てる まにま に埋みしかば、腰を埋む時に至りて、 ふた つの目走り抜けて死にき。

安康天皇系図4

用語解説

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

嘆かわしく思ってってこと。

天武天皇

天武天皇

事態を軽く見ていい加減だったってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

現在の奈良県高市郡明日香村雷あたりかな。

安万侶

安万侶

走り抜けてって??

天武天皇

天武天皇

飛び出てってこと。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化しました!!

サイトで読んでくださった方も楽しんでいただけるように、さらに愛を詰め込みました!!日本神話だけでかなり分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

Amebaマンガは古事記関連の漫画が充実!また、U-NEXTからはラノベ古事記の購入が可能です。無料のおまけの方が豪華なので、よければご利用ください!

人気の記事


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!