古事記の原文『オケとヲケ』

『オケとヲケ』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

播磨のシジムの家で宴会が開かれ、大和から赴任してきたオタテも参加する。順々に舞を踊っていき、使用人の子供二人にも番が回る。兄が舞い、弟が「履中天皇の子であるオシハの子が自分」という歌を歌う。オタテは驚き、急ぎの使いを出す。知らせを聞いたイイトヨは喜ぶ。

安万侶

安万侶

天皇になれる人が見つかったんですね、良かった!

天武天皇

天武天皇

貴種流離譚きしゅりゅうりたんなんていって、若い英雄が苦難をくぐり抜けて尊い地位を得る、ってパターンの典型といわれたりもするがな。

オケとヲケ

原文&読み下し文

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾山部連小楯、任針間国之宰時、到其国之人民、名志自牟之新室楽。於是盛楽、酒酣以次第皆舞。故、焼火少子二口、居竃傍、令舞其少子等。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに 山部 やまべの 小楯 をたて 針間 はりまの 国の みこともち けし時、その国の 人民 たみ 、名は 志自牟 しじむ 新室 にひむろ に到りて うたげ しき。ここに盛りに うた げて、 さけ たけなは にして 次第 つぎてつぎて 皆舞ひき。故、火 きの 少子 わらは 二口 ふたり かま かたへ たる、その 少子等 わらはども に舞はしめき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾其一少子曰、汝兄先舞、其兄曰、汝弟先舞。如此相譲之時、其会人等、咲相譲之状。爾遂兄舞訖、次弟将舞時、為詠曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここにその ひと りの 少子 わらは の曰ひけらく、「 汝兄 なせ さき に舞へ」といへば、その兄もまた曰ひけらく、「 汝弟 なおと 先に舞へ」といひき。かく相譲りし時、その つど へる人 ども 、その相譲る さま わら ひき。ここに遂に兄舞ひ へて、次に弟舞はむとする時に、 ながめごと して曰ひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

物部之、我夫子之、取佩、於大刀之手上、丹画著、其緒者、載赤幡、立赤幡、見者五十隠、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

物部 もののふ の、 夫子 せこ の、取り ける、 大刀 たち 手上 たがみ に、 、その は、 赤幡 あかはた かざ 立てし赤幡、見ればい かく る、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

山三尾之、竹矣訶岐苅、末押靡魚簀、如調八絃琴、所治賜天下、伊邪本和気、天皇之御子、市辺之、押歯王之、奴末。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

山の 三尾 みを の、竹をかき り、 すゑ なび かすなす 八絃 やつを の琴を 調 ととの ふる ごと あめ の下 をさ めたまひし、 伊邪本和気 いざほわけ の、 天皇 すめらみこと 御子 みこ 市辺 いちのべ の、 押歯王 おしはのみこ の、 やつこ すゑ
といひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾即小楯連聞驚而、自床堕転而、追出其室人等、其二柱王子、坐左右膝上、泣悲而、集人民作仮宮、坐置其仮宮而、貢上駅使。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここにすなはち小楯連聞き驚きて、 とこ より まろ びて、その むろ の人 ども を追ひ いだ して、その二柱の 王子 みこ を、 左右 さだりみぎ の膝の上に せて、泣き悲しみて、 人民 たみ つど へて仮宮を作り、その仮宮に坐せまつり置きて、 駅使 はゆまづかひ 貢上 たてまつ りき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是其姨飯豊王、聞歓而、令上於宮。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここにその をば 飯豊王、聞き よろこ ばして、宮に のぼ らしめたまひき。

オケヲケ系図

用語解説

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

地方官のことで、知事みたいなものかな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

位とか年齢の高さで、順序に従ってってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

口ずさんでとか、声を長く引いて歌を歌ってってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

武人のことかな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

男性を親しんで呼ぶ言葉で、ここは父のことだろうな。

天武天皇

天武天皇

赤い色を塗り付けてってこと。

天武天皇

天武天皇

赤い布をつけてってこと。

安万侶

安万侶

立てし赤幡は??

天武天皇

天武天皇

立てた赤い大きな旗のこと。

天武天皇

天武天皇

竹の先を押しなびかせるようにってことかな。

天武天皇

天武天皇

弦が八つの琴の調子を整えるようにってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

落ちぶれている私はその子孫だってこと。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化しました!!

サイトで読んでくださった方も楽しんでいただけるように、さらに愛を詰め込みました!!日本神話だけでかなり分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

Amebaマンガは古事記関連の漫画が充実!また、U-NEXTからはラノベ古事記の購入が可能です。無料のおまけの方が豪華なので、よければご利用ください!

人気の記事


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!