古事記の原文『葛城山の猪』

『葛城山の猪』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

雄略は葛城の山へ狩りに出かける。大きな猪が現れたので、雄略は鳴鏑で射る。猪は怒り、雄略に迫る。雄略は木の上に逃げる。

安万侶

安万侶

天皇にしてはちょっと情けなさすぎないですか ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

まぁな~。

天武天皇

天武天皇

こればっかりはどう解釈するか困ったところだが、敢えて意味を見出すなら、木でさえも天皇に奉仕するってとこかな。

原文&読み下し文

葛城山の猪

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

又一時、天皇登幸葛城之山上。爾大猪出。即天皇以鳴鏑射其猪之時、其猪怒而、宇多岐依来。故、天皇畏其宇多岐、登坐榛上。爾歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

また 一時 あるとき 、天皇 葛城 かづらき の山の上に登り でましき。ここに 大猪 おほゐ 出でつ。すなはち天皇 鳴鏑 なりかぶら をもちてその猪を射たまひし時、その猪怒りて、 うた り来つ。故、天皇その うた きを畏みて、 はりのき の上に登りましき。ここに歌ひたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

夜須美斯志 和賀意富岐美能
阿蘇婆志斯 志斯能夜美斯志能
宇多岐加斯古美 和賀爾宜能煩理斯
阿理袁能 波理能紀能延陀

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

やすみしし が大君の
遊ばしし しし 病猪 やみしし
うた かしこ
我が逃げ登りし
在丘 ありを はり の木の えだ
とうたひたまひき。

用語解説

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

大阪と奈良の境界にある金剛山地のことかな。

安万侶

安万侶

うたって??

天武天皇

天武天皇

唸ってってことかな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

ハンノキのこと。

安万侶

安万侶

遊ばししって??

天武天皇

天武天皇

狩りをしたってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

手負いの猪のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

そこにある丘のってこと。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化しました!!

サイトで読んでくださった方も楽しんでいただけるように、さらに愛を詰め込みました!!日本神話だけでかなり分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

Amebaマンガは古事記関連の漫画が充実!また、U-NEXTからはラノベ古事記の購入が可能です。無料のおまけの方が豪華なので、よければご利用ください!

人気の記事


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!