古事記の原文『仁賢天皇』

『仁賢天皇』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

顕宗は、父を殺した雄略に報復するために、その陵を破壊させようとする。オケは顕宗を制止して、オケ自らが雄略の陵のそばを少しだけ掘る。完全に破壊せずに少しだけ掘ることで、父の仇を取ることと、後世非難されないことが両立すると、オケは説明する。顕宗は受け入れる。顕宗が亡くなった後、オケ(仁賢天皇)が即位する。

安万侶

安万侶

オケの忠告がすごいですね!

天武天皇

天武天皇

こうして上の立場の人の過ちを指摘できることも、それを素直に聞き入れられることも、どちらも大事なことだよな。

原文&読み下し文

仁賢天皇

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

天皇、深怨殺其父王之大長谷天皇、欲報其霊。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

天皇、深くその 父王 ちちみこ を殺したまひし大長谷天皇を怨みたまひて、その みたま むく いむ おも ほしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、欲毀其大長谷天皇之御陵而、遣人之時、其伊呂兄意祁命奏言、破壊是御陵、不可遣他人。専僕自行、如天皇之御心、破壊以参出。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、その大長谷天皇の御陵を こぼ たむと おも ほして、人を遣はしたまふ時、その 同母兄 いろせ 意祁 おけの 命、 奏言 まを したまひしく、「この御陵を こぼ つは、 他人 あだしびと を遣はすべからず。 もは あれ みづか ら行きて、天皇の御心の如く、 こぼ ちて 参出 まゐで む」とまをしたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾天皇詔、然随命宜幸行。是以意祁命、自下幸而、少掘其御陵之傍、還上復奏言、既堀壊也。爾天皇、異其早還上而詔、如何破壊、答白、少掘其陵之傍土。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに天皇詔りたまひしく、「然らば みこと まにま 幸行 でますべし」とのりたまひき。ここをもちて意祁命、自ら くだ でまして、 すこ しその御陵の かたへ を掘りて、還り上りて 復奏言 かへりごとまを したまひしく、「既に堀り こぼ ちぬ」とまをしたまひき。ここに天皇、その早く還り上らししことを あや しみて詔りたまひしく、「 如何 いかに こぼ ちたまひぬる」とのりたまへば、答へて白したまひしく、「少しその陵の かたへ の土を掘りつ」とまをしたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

天皇詔之、欲報父王之仇、必悉破壊其陵、何少掘乎、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

天皇詔りたまひしく、「父王の あた を報いむと おも へば、必ず悉にその陵を破り壊たむに、 なに しかも少し掘りたまひつる」とのりたまへば、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

答曰、所以為然者、父王之怨、欲報其霊、是誠理也。然其大長谷天皇者、雖為父之怨、還為我之従父、亦治天下之天皇。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

答へて まを したまひしく、「 かせし 所以 ゆゑ は、父王の怨みをその霊に報いむと おも ほすは、これ誠に ことわり なり。然れどもその大長谷天皇は、父の怨みにはあれども還りては 従父 をぢ にまし、また天の下治らしめしし天皇なり。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

是今単取父仇之志、悉破治天下之天皇陵者、後人必誹謗。唯父王之仇、不可非報。故、少掘其陵辺。既以是恥、足示後世。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに今 ひとへ 父の仇といふ志を取りて、悉に天の下治らしめしし天皇の陵を破りなば、後の人必ず 誹謗 そし らむ。ただ父王の仇は報いざるべからず。故、少しその陵の辺を掘りつ。既に はぢ みせつれば、後の世に示すに足らむ」とまをしたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

如此奏者、天皇答詔之、是亦大理。如命可也。故、天皇崩、即意祁命、知天津日継。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

かく まを したまへば、天皇答へて詔りたまひしく、「こもまた いた ことわり なり。 みこと の如くにて し」とのりたまひき。故、天皇崩りまして、すなはち意祁命、天津日継知らしめしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

天皇御年、参拾捌歳。治天下八歳。御陵在片岡之石坏岡上也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

天皇の御年、 三十八歳 みそぢまりやとせ 。天の下治らしめすこと 八歳 やとせ なりき。御陵は片岡の 石坏 いはつき の岡の上にあり。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

袁祁王兄、意祁命、坐石上広高宮、治天下也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

袁祁王の いろせ 、意祁命、 石上 いそのかみ 広高 ひろたかの に坐しまして、天の下治らしめしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

天皇、娶大長谷若建天皇之御子、春日大郎女、生御子、高木郎女。次財郎女。次久須毘郎女。次手白髪郎女。次小長谷若雀命。次真若王。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

天皇、大長谷若建天皇の御子、春日大郎女を娶して、生みませる御子、高木郎女。次に たからの 郎女。次に 久須毘 くすびの 郎女。次に 手白髪 たしらがの 郎女。次に 小長谷若雀 をはつせのわかさざきの 命。次に 真若 まわかの 王。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

又娶丸迩日爪臣之女、糠若子郎女、生御子、春日山田郎女。此天皇之御子、并七柱。此之中、小長谷若雀命者、治天下也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

また 丸迩 わに 日爪 ひつまの 臣の女、 糠若子 ぬかのわくごの 郎女を娶して、生みませる御子、春日の山田郎女。この天皇の御子、 あは せて七柱なり。この中に、小長谷若雀命は天の下治らしめしき。

用語解説

安万侶

安万侶

大長谷天皇は??

天武天皇

天武天皇

雄略天皇のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

神霊のこと。

安万侶

安万侶

むくいむって??

天武天皇

天武天皇

仕返しをしようとか、復讐したいってこと。

安万侶

安万侶

還りてはって??

天武天皇

天武天皇

別の方面からみるととか、一方ではってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

オケとヲケから見れば本当は、雄略は父の従兄弟にあたるが、それを「おじ」だといっているんだろうな。

安万侶

安万侶

ひとへって??

天武天皇

天武天皇

ひたすらってこと。

天武天皇

天武天皇

奈良県香芝市北今市にある丘に治定されているな。

天武天皇

天武天皇

現在の奈良県天理市石上町あたりかな。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化しました!!

サイトで読んでくださった方も楽しんでいただけるように、さらに愛を詰め込みました!!日本神話だけでかなり分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

Amebaマンガは古事記関連の漫画が充実!また、U-NEXTからはラノベ古事記の購入が可能です。無料のおまけの方が豪華なので、よければご利用ください!

人気の記事


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!